Presented by マツダシゲキandシャンボール 明日、ケーキを持って
アデーシャン

作り手からひとこと

『アデーシャン』
シンプルだけど奥深く、みんなに愛されているケーキがこのアデーシャン。超あっさりのバタークリームにアーモンドパウダーの甘みがアクセントとなった当店で30年以上作り続けている人気の高いケーキです。

小¥1100 大¥1600
※地方発送承ります。

藤井香里

藤井香里

東広島市八本松のケーキと洋菓子の店シャンボールのパティシエ。
SweetsStoryもいよいよ最終話。毎回楽しみにしてくれている皆さんに感謝するとともに彼女自身もこれまでの自分を振り返っているところ。更に喜ばれる洋菓子や催しを考えるために日々努力を続けている。

ケーキハウス シャンボール
東広島市八本松南5-10-17
Tel & Fax 082-428-7704
イラストマップ

family

『ひとりで大きくなったような顔して』よく親に言われる。勿論そんなことわかってるよ。二人には感謝してるよ。でもね、ついつい反発しちゃう。この意地っ張りなとこは父ゆずり?母ゆずり?

我が家のように家族で同じ仕事をしていると、なにかと意見の食い違いが絶えない。『そりゃキャリアではかないませんよ』若い頃はそう思いながらムキになって自己主張を繰り返していた。

でも今は違う。親と言うよりプロとして尊敬している。でもそんなこと恥ずかしくって面と向かってなんか言えない。妹はそんな私に『素直じゃないねえ』と言う。子供の頃はなんでも言えたのに、大人になると何かと複雑だ。

こんな複雑な想いをふっきりたい時、私はお菓子作りに専念する。心模様はケーキやクッキーの形に色に味わいに表れる。だから難しいし、おもしろいんだ。そんな私の奮闘ぶりを家族はそっと見守ってくれている。

大それた夢はない。毎日ちっちゃな出来事に泣き笑いしながらも、我が家族ならではの味やカタチを作り続けたい。それが誰かに届き、ちっちゃな喜びに繋がってくれたならこれほど嬉しい事は無い。この意見に関しては、きっと両親も文句は無いはずだ。

Copy&Photoマツダシゲキ
Design創意
prehomenext
Copyright BluePoolLabo&創意