Presented by マツダシゲキandシャンボール 明日、ケーキを持って
いちご一恵(いちえ)

作り手からひとこと

『いちご一恵(いちえ)』
熊本産のいちごを使ったロールケーキ。今回も物語からヒントを得て作ってみました。米粉を使ったふわふわの食感が特長。

作り手・・・藤井かおり

いちご

東広島市八本松のケーキと洋菓子の店シャンボールのパティシエ。 激動の昨年に比べ今年は落ち着きをもってケーキ作りやお客様との交流をメインに日々の課題に取り組んでいる。

ケーキハウス シャンボール
東広島市八本松南5-10-17
Tel & Fax 082-428-7704
イラストマップ

ストロベリーフィールズフォーエバー

子供の頃から苺が好きだった。

お絵描きでは必ず苺の絵が登場していたし、苺の絵柄のハンカチがお気に入りだった。だから小学校の苺がりの遠足が雨で中止になった時はすごくショックだったのを憶えてる。

大人になってもやっぱり苺が好きで、苺グッズにはつい手が出るし、ビートルズの曲も大好き。ある時何でこんなに好きなんだろう?って考えてみた。きっとあの小さくてキュートな感じが良いのかな。赤いのにつぶして混ぜるとピンクになるところもなんか魅力的!

母親である私がこんな感じなので、やっぱり子供も苺好きだ。ケーキも苺が付いてないと欲しがらない。

夢は小さな苺畑が作れるくらいの庭付きの古い家を手に入れる事だ。家の壁も庭の柵も苺ピンクに塗るつもりでいる。そして収穫の時期になったら、朝露に濡れたみずみずしい苺を親子で少し摘んでは朝食に添えるのだ。ジャムもいいかも。

こんな子供じみた夢ばかり見ている母を、子供はどんな風に見ているのだろう?『母さんもっとしっかりしてよ!』って思ってるかも。

私たち親子は、二人で苺のような小さな小さな幸せを少しずつ積み重ねていく事しか出来ない。泣いたり、笑ったり、励ましあったり。でもそんな甘酸っぱい生き方も悪くはない、最近そう思えるようになってきた。

苺畑は私たちを待っている。

Copy&Photoマツダシゲキ
Design創意
prehomenext
Copyright BluePoolLabo&創意