Presented by マツダシゲキandシャンボール 明日、ケーキを持って
クリスマスケーキ&カード

作り手からひとこと

『クリスマスケーキ&カード』
毎年12月はクリスマスケーキ作りに追われてあっと言う間に過ぎていきます。 でも手渡す時のお客様のうれしそうな顔を見ると、疲れもふっとんでしまいま す。早めに予約頂けると若干お安くなりますよ。今年は限定ですがオリジナル のクリスマスカードも販売しています。

藤井香里について

藤井ファミリー

東広島市八本松のケーキと洋菓子の店シャンボールのパティシエ。オープンハウスでのラッピング展示や西条酒まつりの出店、ブライダルギフト作りなどお呼びがかかれば、ドキドキしながらも飛び込んでいる今日この頃。多忙な12月は両親と共にファミリーパワーで乗り切っていくとのこと。

ケーキハウス シャンボール
東広島市八本松南5-10-17
Tel & Fax 082-428-7704
イラストマップ

クリスマスカード

大きなプレゼンを終え事務所へと帰る途中、ふいに笹野さんが車を止めるように言った。
夕暮れの駅前通りの雑貨店。
『クリスマスカード』
クールで、行動力があって、我が社で成績No.1で、僕の上司でもある彼女が、ショーウィンドー越しに見える店内でカードを選んでいる姿が僕にはとても意外だった。

『お待たせ。何?きょとんとした顔して。』
僕は何でも無かった顔して車を発進させた。
『あ、クリスマスカードなんて、私らしくないって思ってるんでしょ?』
慌てて首を振ったがバレバレだ。
『毎年お世話になった人やなかなか会えない友達に出すのよ。気の利いた一言を添えてね』
悪いが男顔負けの勢いで働く彼女しか見たことのない僕としては、そんな女の子っぽい笹野さんなんて絶対想像できなかった。が、そんなこと勿論口には出せない。
『クリスマスプレゼントやケーキやホテルのディナーなんかの盛り上がりに比べればカードは地味かもね。日本には年賀状もあるし…』
そう言いながら一枚を僕に手渡す。
『君だって一人ぐらいは出す相手いるでしょ? 使って。』

まったく…読めないヒトだ。キャリアウーマンのくせして運転免許持ってないし、頑固なくせして可愛らしいことをする。
早く一人前になって見返してやんなきゃな。そう思いながら、実は頭の隅っこではもう、このカードを誰に出すのかを決めていた。問題は気の利いた一言だ。どんな台詞がいいだろ?
ラッシュ時の国道は、まるで僕の気持ちのようにのろのろと動いては止まるの繰り返し。
でも勘のいい笹野さんのことだから、そのあたりもすでに見透かしているのかも知れないな。
もらった僕のカードが彼女に届くという事も。

Copy&Photoマツダシゲキ
Design創意
prehomenext
Copyright BluePoolLabo&創意