TeaTimeWeb

かぼちゃのパン

20130115.JPG 何年かぶりにパンを焼いてみたのですよ。でも、なんか、違うなあ〜。

昨年に母がカボチャのジャムなる物を作ったのですが、年末に餅をついて以来パンを焼いていないので、冷蔵庫にずーっとあるのが気になって気になって。

アヲハタジャムの大きい方の瓶に満タンくらいあるジャムを一気に消費するには、餡代わりにつめたパンを焼くしかないだろうと思って、ついに決行しました。

でも、中につめるとなると一瓶くらいじゃ足らないので、新たにカボチャを煮詰めつつ。。。あ、古いのもこれに混ぜてしまえば、全部同じ味になるじゃないかとひらめいて、とりあえず古いのを味見してみたら。。。?なんか、変。

若干、酸味がする。こんな味してたっけか?

老年、中年、青年の三者三様の舌で味見した結果、辞めとこうということになり、古いジャムは残飯行きとなったのでした。ああ、もったいない! でも、今お腹をこわすとノロと間違われたりしてややこしいことになるしね。危うきには近寄るまい。

パン生地はパン焼き器に作ってもらって、どうにかオーブンに入れてみたものの、全然焼き色がつかないのですよ。時間延長しても駄目で、はからずも「ハイジの白いパン」風になってしまいました。なんせ、初めてなもので何がイケナイのか全くわかりません。もちろん食べられるし、美味しくないことはないのだけれど、ちゃんと焼き目がついた普通のパンならもっと美味しかったはずなんだけどな〜と思うと、ちょっと悔しい。

まあ、やり方と所要時間はわかったので、これからいろんなもの丸めて詰めて焼いてみるかなと。

次に作ってみたいのは、ペアシティ東館があった頃「こっぺ」というパン屋さんで売っていた「きんぴらごぼう」が入ったパンなのですが、保守なじいさん(父)から、
「また、変わった奴が変わったもんこさえてからに・・・」
と言われるな。

なんか食べる? :: 13-01-15 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/493

最近の「なんか食べる?」

HOME