TeaTimeWeb

祝!

夕飯時に、母が「18日じゃけぇ ケーキを焼こうと思ったんだけどね〜」と言うのを聞いて、父が「なんで18日じゃけぇ ケーキなんな?」と問いしました。母は18日だからと、ニヤニヤしながら繰り返すばかり、父はさっぱり分からない。そうです、私の誕生日です。

お父ちゃん、何歳になったかは聞かん方がいいよ。
どうも、自分の誕生日よりも、子どもの年齢の方がショックが大きいらしく、毎年私の歳を聞いてがっくりします。なので、今年は、聞かない方がいいよと言っておきました。だってね、学校だとか会社だったりすると、盛大にセレモニーしてもおかしくないんですから。創立○周年記念とかね。

私自身は、2年前の年女になった時の方が衝撃的でした。2年前、次に干支が回って来た時は還暦なんだと思った時は、本当にショックでしたねえ。歳を取ったことではなくて、先が見えてしまったような気がして。

今回は、2年間で慣れてしまったせいか、ちょっと余裕です。盛大なセレモニーだとか、横断幕がいるよねだとか言っているくらいですから。

この違いは何なのか、自分でも良くわかりません。ただ、単に年齢のことではなく、自分が置かれている状況が、そう思わせているのかもしれません。2年前と違って、しなくてはならないことや求められていることが明確なので、それを実現することに専念すれば良い状態です。これは、案外、気持ちが楽ですね。自分に何ができるのかとか、自分のポジジョンがわからないというのは、結構辛いです。

自分に何ができるのかとか、何が求められているのかなどと想いあぐねているなんて、まるで青少年のようですが、これは一生をかけて求め続ける答えなのかもしれません。

さあ、棺桶に入るまでに答えが出せるのでしょうか。頑張ってみるかな。
あ、祝賀会、まだしてない。あ、ケーキもまだ食べてない。

フツーライフ :: 11-02-18 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/461

最近の「フツーライフ」

HOME