TeaTimeWeb

六文銭

年末に満席でフラれてしまった六文銭に行ってきました。店に入ってビックリ、愛ちゃんがいるではありませんか。愛ちゃんは、高校時代から知っている20代半ばのお兄ちゃんです。いや〜、居酒屋でバッタリなんて年になったんだね。って、愛ちゃんは置いといて。

ずっと食べたかった「豆腐ステーキ山芋とじ」と「たこ酢」をお願いしました。猫舌にとっては、鉄板に乗ってジュウジュウいいながら出て来るものはとっても危険なのです。ただひたすら、食べごろの温度になるのを待ちます。猫舌じゃない人と分け合うことになったら、ゼッタイ負けてしまいます。きっと、食べごろ温度になる前に、全部食べられてしまうに決まってます。

山芋って、生だとサクサクしていますが、火を通したらモチモチするんですね。だから、食べ始めと食べ終わりで微妙に食感が変わってきて、なかなか良いです。

たこ酢はタコがとてもやわらかくて美味しいのですが、ビックリなのはその量です。多分、普通の倍近く盛ってあります。つきだしにするなら、二人でひとつでもいいくらい。酢の物好きには嬉しい限り。

仕事帰りの娘が寄るというので、地だこのコロッケを追加しました。このコロッケ、総菜売り場などで売られているものと違って、まるで家で作ったような、ちょっとゴロンとしたカタチをしています。味も、もちろん家庭の味で、お店で売られているような感じの濃さはありません。それがとっても嬉しい味。

そのまま食べても美味しいのですが、お皿の隅っこにマヨネーズが盛ってあります。コロッケにマヨネーズ?と思ったのですが、つけて食べてみると、ああ、なるほどねと思いました。ソースとかケチャップじゃないよね。もしかしたら、醤油はアリかもしれません。

たまたま食べたのがそうだったのかもしれませんが、居酒屋にしては味付けが濃くなくて、薄味な私にはピッタリ。それにメニュー全体が肉肉していないのが嬉しい。揚げ物だらけの店って、レベル4なお年頃なので、その点でもとっても助かります。

また行こ。

なんか食べる? :: 11-01-20 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/443

最近の「なんか食べる?」

HOME