TeaTimeWeb

顔の赤いシミ

20100224.jpg 小顔になるマッサージ、本がたくさん出ていますね。私も、口内炎が絶えなくて、もしかしたら顔の凝りが原因かもしれないと思いマッサージを始めたら、結果的にアゴ周りが痩せたことがあります。でも、お肌には良くないみたい。

頬に赤いシミのようなものや、細い血管が走っているのが赤く見えるのは、肌を強く圧迫して出血しているのだそうです。え〜っ、うそっ!って思ったのですが、心当たりがありました。

せっせとマッサージをしていたら口内炎が出来なくなったので、こりゃ効き目があるわ〜と喜んでいたのですが、ある日、アゴに近い頬が何だか赤っぽいのです。肌荒れを起こしている様子も無く、ブツブツが出来ているわけでもなく。小さな子の赤いほっぺみたいになっていました。

なんかな〜と思っていましたが、これがテレビでやってた「赤いシミ」だったんですね、きっと。

そうだとしたら、「少し痛いくらいにマッサージする」なんて言うマッサージ法なんてしたら、大変なことになるんじゃない?顔中真っ赤っか?

確かに、マッサージをすると気持ちもいいし、顔の凝りも取れるし、むくみも取れてすっきりします。痛い程しなければいいと思いましたが、マッサージがいけないという先生は、洗顔をする時、たくさんの泡を作って直接肌に手が触れないようにと言います。痛いとか痛く無いという以前の問題、触ってはいけないのですから。これって、現実的にはどうなんでしょうね。

触っちゃいけない、赤いシミが出来ちゃう〜って、毎日気にしながらというのも、なんだか面倒くさい。これも慣れたらなんでもなくなって、現実的になるのでしょうか。

そうそう、この赤いシミは、触らないでおいたら消えるそうです。私も今は消えています。でも、顔は凝っています。

フツーライフ :: 10-02-24 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/394

最近の「フツーライフ」

HOME