TeaTimeWeb

神明市

20100219.jpg 今年の神明市の人出はどうだったのでしょう。毎年ン万人の人出とかいいますが、どう数えているのやら。

初日の金曜日、朝8時前に駅へ向かったのですが、道路の両側には既に屋台が組まれていて、車が一台しか通れなくなっていました。しかも、組立て始めたパイプを道路の真ん中まで並べたりして、一台分のスペースさえ塞いでいる状態。

去年や一昨年がどうだったかわかりませんが、我が子たちが学生だった4、5年前は、金曜日の朝は普通に通行できたはずです。何か、規制が変わったのかと思って調べてみましたが、通行止めになるのは午前9時からとしか出ていませんでした。場所によっては早い時間に開始するような記載もありません。

8時前に組み上がった屋台は、いったい何時から組み始めたものか、とんでもないフライングです。こういうのは、罰則とか無いのでしょうか。

神明市は、ヤッサ祭りと違って実行委員会がありません。ヤッサ祭りのように全体を管理する組織だったものがないようです。だから、何かイベントをするなどといったこともなく、屋台が並ぶだけといえば並ぶだけのものです。まあ、「市」ですから、店が並べばそれでいいのかもしれません。

ただ、金曜日の朝の件が交通規制が始まる前のフライングだったとして、それがトラブルになったときの責任の所在であるとか、ゴミ処理の問題であるとかはどうなっているのか気になります。すべて町内会などの地元の人たちだけで行っているのなら、役員の高齢化などでしんどくなってくるでしょうし、先細りしていくんじゃないかと心配になります。

ヤッサ祭りと並べて三原の神明市とパンフレットまで作っているのなら、いつまでも地元任せにしているわけにもいかないんじゃないかと思うんだけどね〜。

フツーライフ :: 10-02-19 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/389

最近の「フツーライフ」

HOME