TeaTimeWeb

出来たらすごいけどね::「整理HACKS!」

20100126.jpg だ〜っと読んでると、これを実践している人が本当に存在するのかと疑ってしまいます。本当は出来ていないんだけどねって、ニャって笑ってそうな感じもしますが。

本文を読んでいると、真似できない〜と思いました。実践できそうなのは、片手くらい、両手には余るかと思ったのですが、全部読んだ後に目次だけ見ていると、結構出来そうな気がしてきました。

目次は一行で書いてあります。その一行から自分なりに「あれをああして、これをこうすればいいのね」なんて考えると、俄然その気になってきます。本文に書いてあるようなレベルまでは出来なくても、私の場合はこの程度やっとけば充分かなっていう感じで。

やってみようと思ったもの

ドキュメントスキャナーでデジタルデータに変換する
実は、預かっているドキュメントスキャナーがあるんです。使っていいと言われているのですが、Macは対応していないし・・・などと理由をつけて、まだ使っていません。Windowsもあるから、全く使えないわけではないです。横着なだけです。これは、すぐにでもできます。

SugarSyncで「どこでもオフィス」を実現する
ウェブ経由でフォルダを同期させるサービスだそうです。自分の持つ複数のパソコンのデータを同期させる以外にも、社内で共有しておかないといけないデータを同期させるという使い方もありかな、と。共有する必要のある外部での会議資料を、ドキュメントスキャナーでデータにしてSugarSyncで同期させれば、便利だと思います。すべての資料をスキャニングするのは面倒ですけど、共有するものだけに限れば出来るんじゃないかしらん。

紙の書類はクリアホルダーで時系列管理する
100枚980円くらいだったので買ったばかりなのに、同じくらいの枚数をいただきました。何かの景品だったらしく、全面に印刷してあってクリアではないから、中身が見えないという欠点だか利点だかわからないホルダーです。外に持ち出したり、人に渡したりというのはいかがなものかと思いますが、取りあえず、数だけは確保できているので、これは簡単に実践できるでしょう。

充電はすべてUSBケーブル経由で行う
そんな手があったんですね、思いつきませんでした。「すべて」が出来るかどうか不明ですが、頭に置いておこうと思います。

目次をノートに貼って書類データベースをつくる
今年になってから、仕事で読んでいる本は目次を入力&プリントして、ファイルに綴じています。敢えて紙にしてファイルしたのは、ディスプレイで見るのと紙で見るのとでは、頭の働き具合が違うような気がするので。

名刺読み取りソフトで名刺検索システムをつくる
これもデータにして共有しておけば、代わりに連絡してと言われても困らないかなと思って。一緒に名刺交換していても、私はアドレス帳に入れていないことが多くて、「代わりに・・・」と言われて困ったことが何度かあります。人が入力したデータを貰えば手間が省けるという横着な魂胆も無くはないですが、データにして共有するということにしておけば、放ったらかしにしないかもしれないでしょ?でも、同僚には(¬、¬) な目で見られるんだろうなあ。

いくつかあげましたが、これが出来たら次のことに手を出してみようかと思います。と言いながら、自分を(¬、¬) な目で見ているもう一人の自分がいるような。。。

読んでみた本 :: 10-01-26 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/365

最近の「読んでみた本」

HOME