TeaTimeWeb

有楽町のガード

20091219.jpg 東京駅八重洲口から有楽町まで歩いてしまいました。そこからまた東京駅に戻るのに、着た道を帰るのも面白くないので、線路を挟んで反対側、丸の内側を歩きました。その道が、この高架沿いの道です。

ガードの下は飲食店が連なっています。ですが、高架の脚から脚までが一区画なので、どの店の中にも写真と同様のアーチ状の天井があります。もちろん、ちゃんと内装はしてあります。

ところどころ、このようにフェンスで入れないようになっていますが、この部分は線路の反対側へ抜けられるようになっています。改修するためか、これから先ずっとか、通行止めになっています。

なんともレトロなレンガですが、振り向くとそこには、東京国際フォーラムのガラス棟です。道路の右と左で時代が全く違って見えます。なんとも極端な世界。

テレビや雑誌などの映像や画像ではカットされてしまっている景色は、ほかにもたくさんあります。そう言うと、そりゃ当然でしょうよ、と思うのですが、テレビを見たりしている時は忘れてしまっています。実際に見ると、やっぱり驚きます。

百聞は一見にしかず。見て良かったというのも、見なきゃ良かったというのもあるでしょうけれど、良くても悪くても面白いなあと思うのです。見られるものなら見ておいた方がいいかなと、私は思います。

フツーライフ :: 09-12-19 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/327

最近の「フツーライフ」

HOME