TeaTimeWeb

パソコンのスキル

20091202.jpg 「やっぱり、どこかで習われたんですか?」
パソコンについての質問に答えたり、操作をお教えしている時に、よく聞かれます。いわゆる学校とか講習とか、お金を払って習った事はありません。先生は、本とネットと何人かの知り合いです。

パソコンを使う事が苦にならなかったので、相性が良かったのかもしれません。単なる新しモノ好きなだけかもしれません。その辺りの性格は、きっと母親似です。

でもね、理解できなくて吐きそうになったこともあるんです。だんだん気持ちが悪くなってきて、本当に胃がムカムカします。うんと考えていると脳が栄養を消費するのか、体重が減ることもありました。「痩せる思い」ではなく、痩せます。でも、すぐに戻ります。瞬間芸のようなもの。

そんな思いをしながらも止めないでいるのは、もちろん仕事だからというのもありますが、出来たら嬉しいという、極々単純な理由によるところが大きいような気がします。

「色んな事知ってますね」とも言われます。ひとつの壁を乗り越える方法をあれこれ探している途中で、色々な知識を拾います。それが思いがけない時に役に立ちます。そうです、コケてもタダでは起きません。

そんなこんなの積み重ねなので、ご大層なものではないのですが、そんな知識のおかげで問題が起きた時にさっと解決できたりすると、心の奥でヨッシャ〜ッ!とガッツポーズをしていたり、私ってなんてカッコイイんだろうなどと思っていたりします。馬鹿ですね〜。

こんなことを公にすると、「アイツ、今、私カッコイイとか思ってるぞ」と思われるのでしょう。そう思った時には、私にVサインを送ってください。

ただし、まぐれ当たりもあります。心の底から「ラッキ〜、助かったあ」と思っている場合もあります。そういう時は、多分、ヘラヘラしてるはずなので、見分けがつきます。

何でもそうだと思いますが、特にパソコンでトラブルが起きたり、分からないことがある場合は、手順を追って考えることが大切です。まず立ち止まって直前に何をしたのかを確認するとか、冷静になることです。間違っても、わからないまま、あちこちをクリックしたりしないことです。それから、ひとつずつ辿ります。

例えば、インターネットに接続できなくなった時。我が家ではよくあって、管理者は息子です。
まず、別のパソコンを確認します。自分のパソコンだけなら、ネットワークではなくて、そのパソコンの問題だからです。PSPとかWiiとかね、ネットワークに接続された別の機器を確認します。
無線を使っているのなら、ケーブルでつないでみると、ルーターに原因があるのかどうかが分かります。
そんなふうに一つずつ試しながらいくと、ルーターを再起動させたり設定し直したりしても直らない〜ということは避けられます。まあ、最近のルーターは再起動させても設定の必要がなかったりしますから、過去の方法かもしれません。

そういった手順や考え方は、いろんな場面で役に立ちます。というより、何をするにも基本的な方法だと思います。とても面倒そうなことでも、不可能そうなことでも、じっくり考えて取り組めばなんとかなることも多い。ダメなこともありますが、そこまでやってダメなら諦めもつきます。

そうするとね、気がついたら色んなことが出来るようになってるものです。ただ、世間では器用貧乏と呼ばれたりするので、お気をつけあそばせ。

フツーライフ :: 09-12-02 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/310

最近の「フツーライフ」

HOME