TeaTimeWeb

自信というご褒美

20091123.jpg 職場や家庭で機能している自分ではなくて、素の自分を見せる機会というのは、大人になるとなかなかありません。子どもならね、学校やお稽古事の発表会とかありますけど。

大人でもお稽古事の発表会がなくはない。ですが、三原に住んでいて、今までに見て来た作品の発表会とかは、決められた課題をこなした作品を発表しているのがほとんどです。絵画でさえ、みんな同じ物を描いたものだったり、教室で作風が同じだったり。あまりオリジナリティがあるとはいえません。

創作活動というのは素の自分の最たるもので、それを出してしまうことというのは、ナントカ教室と呼ばれている場所では難しかったり、恥ずかしかったりして、簡単にできることではないのでしょう。

そして、見知らぬ他人に評価されるというのは、私は、怖いです。

でも、それを乗り越えて、評価を受け止めることが出来た人には、「自信」というご褒美を手に入れることが出来るのかもしれません。

「ラッシュライフ」お疲れさまでした。

フツーライフ :: 09-11-23 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/301

最近の「フツーライフ」

HOME