TeaTimeWeb

赤いキウイ

20091110.jpg この赤いキウイは小さくて、普通のキウイの半分くらいの大きさです。ネットの写真を見ると、普通のキウイと変わらない大きさのもあるので、今回買ったのが特に小さいサイズだったのかもしれません。

普通のキウイよりもずいぶん甘いということですが、甘いものもあれば、そうでないものもあります。工業製品じゃないので、そんなものでしょうね。

種類は、プリンセスレッドキウイやレインボーレッドなど、いくつかあるようです。このキウイがどういう品種なのかは、ちょっとわかりませんが、どちらも似たような色合いです。初めて赤いキウイと聞いた時は、果肉全体が真っ赤というのを想像していたので、ちょっと拍子抜け。

半分に切ってスプーンですくって食べてみました。果肉と皮はスプーンを回して離せるのですが、真ん中の芯の部分が皮から離れず、かといって果肉とも離れないので困りました。

最初は、まだ充分に熟れてないのかと思いましたが、皮が柔らかくなって間違いなく熟れてからも、食べ難いのは変わりませんでした。スプーンですくうのではなく、ちゃんと皮を剥くなど、別の食べ方をした方がいいかもしれません。

なんか食べる? :: 09-11-10 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/288

最近の「なんか食べる?」

HOME