TeaTimeWeb

ばっさりカット

20091012.jpg ばっさりと髪を切りました。ミディアムからベリーショートへ。こんな感じにしてって持って行ったのは、左端の上から3番目。同じになるわけはないので、こんな長さにしてねってことで。

この雑誌が出ていなかったら、どんな髪型にしたら良いか、まだ悩んでいたと思います。わからないんですよね、どんな風にしたら良いのか。若い子の真似をしても可笑しいだけだし、かといって、老け込みたくはありませんし。

さすがに、髪にコシが無くなって、根元が立ち上がらなくなりました。頭頂部はペチャって、台風の後の稲のように完全に倒れてしまっています。正面から生え際を見ると、地肌が透けて見えて驚きます。まずいな〜と思っているところへ、娘の一言。「お母さん、地肌が。。。」ああ、やっぱりそう見える?

髪の毛が長くて重たいから、余計にヘタレているんでしょうね。それでなくても少なくなってきた栄養が、ますます行き渡らなくなって、このままだとボロボロになるだけかもしれない。ということで、バッサリ行くことにしました。まあ、面倒くさくなったというのも大きな要因ですが。

切った感想としては、地肌が楽になりました。常に引っ張られている感覚がしていたのですが、それがありません。肩こりも解消できそうと思ってしまうくらいの快適さです。

でも、この快適さが曲者かもしれません。70歳代くらいの女性が同じカタチのショートカットにして、知り合いと見間違うことが多くあります。なぜ、みんな同じ髪型にするんだろうと思っていましたが、それが楽なんでしょうね。もしかしたら、私はそっちへの一歩を踏み出してしまったのではなかろうか。

楽で、お洒落で、人とはちょっと違うヘアスタイルのおばあちゃんは可能なのでしょうか。私がそんな歳になったら、クロワッサンもそんな歳の特集をしてくれるのかしらね。

取りあえず、今、年齢より若く見えるヘアスタイルになっていることを祈ります。

フツーライフ :: 09-10-12 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/259

最近の「フツーライフ」

HOME