TeaTimeWeb

お彼岸といえば

20090922.jpg 私の頭に浮かぶ順番は、秋分の日→おはぎ→彼岸→墓参り。おじいちゃん、おばあちゃん、ごめんね。一番最後で。

我が家では、春と秋のお彼岸と合間に1度か2度、年に4回ほどおはぎを作ります。父が大のあんこ好きで、餡の味にうるさいので、買って来ることはありません。

なんてことを言うと、我が家のおはぎがと〜っても美味しいように聞こえるかもしれませんが、さにあらず。全然甘くないので、ナニコレ?って感じかも。

我が家では、砂糖が効いていないことを、「砂糖屋の門(カド・店先のこと)を走って行ったような」と言います。一般的なのか我が家限定なのか、私が小さい頃からずっとこう表現しています。もう少し甘いと、「歩いたような」と言います。

さすがに、「ジェット機で飛んでったような」時は、砂糖を追加しますが、駆け足くらいがいつものの味です。ちなみに市販のおはぎは、「ゆっくり歩く」くらいだと思います。

そんな味付けなので、おやつというよりは食事として食べます。4つとか5つとか。たぶんね、普通はそんなことしないと思うんですけどね。

今年もたらふく食べたので、お墓参りを忘れないように行かなくっちゃ。

フツーライフ :: 09-09-22 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/239

最近の「フツーライフ」

HOME