TeaTimeWeb

余分でない三兄弟

20090819.jpg 余分でない三兄弟の塩分に糖分に水分。この夏、大変お世話になったのが、大丸本舗の「ぶどう糖100%」です。そして、もしかしたらこの先出番が無いかもしれないサクマの「炎天夏」

ぶどう糖は暑さとは関係無くエネルギー補給のためなので、これから涼しくなっても寒くなっても需要はありますが、炎天夏という飴は塩分補給のためのもので、塩飴ですから夏が過ぎるとあまり出番がなくなるわけです。

人にやさしい祭り委員会で活動しているお坊さんと、ひょんなことから「夏を乗り切る飴談義」が始まって、私が「いいものがありますよ、へっへっへ」なんてぶどう糖を差し出すと、「いやいや、こちらも、こんなものがありますぜ、いっひっひ」なんて塩飴をもらったのです。

でもって、お互いに、塩分だ糖分だ水分だとひとしきり盛り上がったのですが、その時にもらった塩飴の方が、炎天夏よりは食べやすかったですね。もらった塩飴が気にいったので探していたのですが、見つけた塩飴が炎天夏だったのです。この炎天夏、塩に特長がありすぎるのか味が濃過ぎな感じがします。もしかしたら、私が塩分を欲していなかったのかもしれませんけどね。

せっかく探した塩飴なのに、考えてみると夏ってもうすぐ終わってしまいます。おまけに、しばらく冷房の効いた事務仕事が続く予定で、汗だくになって塩分を補給しなきゃという状況になりそうにありません。特に塩飴まで舐めなくても、普通の食事で塩分補給できそうです。

来年まで・・・持たないよね。

そうそう、このお坊さんの持ち物ってすごいです。小さなポーチの中から出るわ出るわ、レスキュー用品がいっぱい。塩飴はもちろん、ピルケースに小分けした藻塩、傷テープ、人工呼吸用のシート(正式名称がわかりません)、ブロックになったタオルと軍手、あとはなんかいろいろです。

別の日に見せてもらったのは、外側はショルダーバック中側はクーラーボックスというバッグの中身。中からはウーロン茶にビールにノンアルコールビールが出てきた。そしてその横には1リットルくらいのボトルがあって、中身はアクエリアスにクエン酸を追加したスペシャルドリンク。大きなスポーツバッグには、着替え。

いつ、どこで何があっても、少々のことなら対処できそうな荷物でした。いつか、中身拝見で、写真とって載っけてみたい。取材は既に申し込んでありますが、OKはいただいておりません。再度挑戦してみよう。

なんか食べる? :: 09-08-19 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/205

最近の「なんか食べる?」

HOME