TeaTimeWeb

マッキントッシュはりんご::「変わってきたアメリカ食文化30年」

20090718.jpg 「変わってきたアメリカ食文化30年」という本を読んでいたら、マッキントッシュというのはリンゴの品種の名前だということがわかってビックリ。

皮はちょっと歯ごたえがあるけれど、果肉は甘くて柔らかい小さいめのリンゴだそうです。

マッキントッシュ・・・Macintosh・・・りんご・・・Mac?

Wikiで調べたら、普通に「由来です」とありました。あ〜、私知らんかったわー。「りんご」で調べても載ってたし。マッキントッシュという品種は日本では「旭」というそうです。

なんか面白いよね。デオデオとかヤマダデンキのパソコン売り場に「ふじ」とか「つがる」とか並んでるようなもんでしょ?いいなあ。

本は結構面白かったです。アメリカって行ったことが無いので特にそう思うのかもしれませんが、何を食べているのかよくわかりません。ハンバーガーばっかりというわけではないでしょうし、じゃあ、ステーキばかりなの?みたいな感じで頭に浮かばないのです。映画を見ても食事をしている場面というのはあまり見ないような。

なので、料理の歴史とかポピュラーな食材とか料理法など、へぇ〜っと思う事が沢山あります。食べてみたいと思うものもいくつかありました。思っていたよりも魚料理もあるみたいで、鱈をジャガイモと混ぜてコロッケのようにしたコッドフィッシュケーキなんか食べてみたい。あと、おなじみのクラムチャウダーとかね。カニとかも美味しそう。

だんだんアメリカに行きたくなってきた!

読んでみた本 :: 09-07-18 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/173

Comment

ひろすけ

りんごマッキントッシュは北海道(生産地江部乙町ではあさひの名前)で戦前の昔から栽培されています。インターネットに書かれている通りおいしいです。今では生産者も老齢化や離農で激減、生産量も少量。
アメリカのパソコンやらブドー、マンゴー、さくらんぼなど果物が輸入される中なぜりんごマックが輸入されないのか疑問でしたがアメリカのスーパーで一目見して諒解できました。香りよく、おいしく色づいた江部乙マッキントッシュが今インターネットで手に入ります。

09-08-06

以前田舎から送ってきたリンゴ(産地ではあさひと呼ぶマッキントッシュ)をダンボールの箱ごとぶら下げて、近くのコジマやソフマップのマックコンピュータ販売店にデスプレーにリンゴを置いてみませんか??。営業は完全に失敗、えっ!マッキントッシュはリンゴですか??
送ってくれた親戚曰く、だから柴又の寅さんみたいに儲けようたって、そんな、うまくは行かんのよ。

09-08-06

最近の「読んでみた本」

HOME