TeaTimeWeb

スミレの花咲く頃

20090528.jpg アスファルトの隙間に根付きました。塀とアスファルトの隙間にも一株咲いています。こういうのを見ると「けなげ〜」とか言っていても、もし花が咲いてなかったら「こんなとこから生えて来てからに」とブツブツ言いながら引っこ抜くんでしょうね。

別にそれで良いと思うのです。草だけだと引っこ抜くし、花が咲いていればそのままにしておくし。ただ、そんなことで抜くか抜かないかが決まってしまうのだということを覚えておかないとねって、思います。

毎日、毎日、小さな決断をしているのだと思います。雑草を抜くか抜かないかレベルで言うと、本当に決断の連続です。無意識に選んだり、意識して選んだり。無意識に選んでいることの方が多いでしょうね、きっと。

で、このスミレは抜かないということで決断しました。

そうそう、スミレの立場で言うと、花を咲かせたから抜かれなくて済んだのです。花を咲かせる前に見つかったら?花が咲かせられなかったら?きっと抜かれてしまっている。そんなことで、スミレの命が決められてしまったのですね。

そんな風に考えると、なんかハァ〜ってため息が出ました。スミレばっかりじゃないですよね。きっと私たちもそんな感じで、誰かに、何かに、決められてたりするのでしょう。

まあ、このスミレは抜かないということで決断はしたのですが、無事に済むとは限りません。

だって、塀のところのは間違っても踏みつけることは無いですが手前のヤツはとても危ない。スロープの始まる角っこなので多分踏まないとは思いますが、万が一踏むと嫌なので早く花が終わってくれないかしら。

フツーライフ :: 09-05-28 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/122

最近の「フツーライフ」

HOME