TeaTimeWeb

プランB

20090515.jpg ものごとを進めて行くにあたっては、どんなに準備をしていてもイレギュラーなことが起きるもので、備えあれば憂い無しということで色々考えるのですが。やりすぎて嫌われるということもありまして、加減というのが難しい。

仕事のミーティングなどで、出来る限りの事態を予測するようにしているのですが、もしこうだったらどうしましょうかとか言うと、その反応が面白い。

「えっ?...大丈夫でしょう」と驚きながらも落ち着いて答える人は、大丈夫でしょうと言いながらも不測の事態に対処できる方法を考えてくれてたりします。だから、何かが起きてもなんとかしてくれる場合が多いような気がします。

それに比べて、「えーっ?大丈夫、大丈夫」と軽く答えるとか、面倒臭そうに答える人は、いざ何かが起きたらパニックになってしまう人が多いような...。

プランBのおかげで助かったのに何事も無く順調だったと思っていたりする人や、偶然なんとかなったからラッキーだったとか思っている人も。誰のおかげで助かったと思ってるんだと言ったところで、こういう人はわかってくれません。

また、プランBの出番がなかったら、プランBを無駄なものだと言う人とかもいますね。プランBが無駄になるというのは良い事なのですが、つまらん時間を使ったと批判します。

「そういった場合にはこうしましょう」とか、スラスラと答えてくれる人と仕事ができたら嬉しいなあ。

最近は、嫌われないようにこっそりとプランBを練る方法を考案中。いつまでも直球勝負じゃあ進歩が無いので変化球を練習してます。フッフッフッ

誰に投げよっかな。

コムツカシイハナシ :: 09-05-15 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/109

Comment

ann

プランBだけなら良いでは無いですかw
CやDを行う羽目になることもしばしば…w

上手く行って当たり前 って人には たまにはガツンと
わからせてあげなくちゃw

ごくろうさまです

09-05-16

すえもとふさこ

CやらDになってくると、限りなく「でたとこ勝負」に近いものになっちゃってませんか?
精神力耐久レースだ。

09-05-18