TeaTimeWeb

平和のために必要なもの

20090406.jpg カワイイ〜とは言い難い、どちらかと言えば人相いえ猫相の悪い塀の上の猫さん、写真を撮るため近づいても微動だにしません。もしかして、目ェ開けたまま寝てんの?塀の上は平和そうだね。

4日の土曜日はこの猫さんのいる竹原で蔵開きがあったので、行ってみようかなと思ったのですが、朝寝坊してしまった上に雨も降っていたのでお家でじっとしていました。

土曜日のお昼のいつものチャンネルはお宝鑑定団の再放送なのですが、番組中で上杉鷹山を紹介していました。チラ見だったので内容はわからなかったのですが、なぜか気になってWikiを検索。上杉鷹山は理想のリーダーナンバーワンだそうで、「為せば成る・・・」の人です。へえ〜。

上杉鷹山は米沢藩を倹約と帰農と教育で藩政を立て直し、ケネディも尊敬する日本人として名前をあげた人物です。詳しくはWikiなどを。

夜になってNHKの番組で世界中の5万何千人かの人にアンケートを取った結果を発表していました。「平和のために必要な物は?」というような問いに対して、トップは「教育」2番目は「食糧」でした。他には、当然「軍事力」とか。圧倒的な1番2番ではありませんが、世界中の多くの人が「教育」と「食糧」が平和をもたらすと考えているのです。

昼間の上杉鷹山の話もそうですが、いつの時代、どこの国にとっても「教育」と「食糧」が大切なのは変わりないのですね。

戦争や紛争のようすを見るにつけ、聞くにつけ思い出すのがカップヌードルのCMです。Mr.Childrenの曲をBGMにしていた「NO BORDER」の頃、CM中のコピーか社長か誰かのインタビューか覚えていませんが、「腹がいっぱいになれば今世界中で起きている争いのほとんどがなくなる」というような意味の言葉を聞いて、その通りだと思ったのです。

まず、飢える心配のないこと。仕事に就く為の教育を受けられること。この二つをクリアすれば「軍事力」が必要なくなるとまでは言いませんが、必要であると答える人の割合は減るかもしれません。もちろん、「仕事」がなくてはいくら教育を受けても話になりませんけどね。

そんなことを思う雨の日でした。

コムツカシイハナシ :: 09-04-06 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/70