TeaTimeWeb

卒業式の春色コーデ

20090325.jpg 一昨日の卒業式のコーディネイトです。どうにかこうにか、二重太鼓を結ぶことができました。やればできるっ!

調子に乗って伊達衿まで付けましたが、帰宅後の撮影なのであちらこちらヨレています。細かいところは目をつむってください。

伊達衿は先日尾道で買ったのですが、色が濃いので春先としてはちょっと暑苦しい感じがして、二十歳の頃の薄ピンクのものにしました。

帯締めは伯母が組紐教室かなにかで作ったものらしい。帯揚げは共同購入でギリギリ間に合ったもの。カスタードクリームのような薄い黄色です。一つ紋の鮫小紋と帯はどちらも二十歳すぎくらいに揃えた物です。全体的に春でしょ?

上の子の時は、宮参りと小学校の入学式に着物を着たのですが、3人目となるとそれどころではなくて両方とも洋服でした。なので、最後の卒業式の時くらいは着物が着たいと思っていたのですが、実現するとはこれっぽっちも思っていませんでした。

でも、着物ってすごいですよね。二十代前半に揃えたものがウン十年たっても着れるんですから。多少体型が変わっても洋服よりは許容してくれるし、小物を変えれば年相応にもできるし、流行も洋服程ではないし。

なんだかとっても得をした気分でした。今度はいつ着ようかしらん。

Love!きもの :: 09-03-25 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/58