TeaTimeWeb

尾道という地の利

20090319.jpg からさわの2階の窓際に座って下を眺めていると、次から次ぎへと車が歩道に横付けして停車します。何かと思えば、もなかアイスをお持ち帰り。ふと、道路の反対側を見れば、停車中の運転席でももなかを頬張っているのが見えました。この車が違法だとかどうとかはさておき。

1個150円のもなかアイスを持った人が赤いテントから出てきます。次から次へと、というと少し大げさですが、閑散とした商店街を歩いて来た後に見ると、「次から次へと」と感じます。一個の利益は小額でも数売れば結構な売上になるんだろうなあ。「餃子屋と高級フレンチではどちらが儲かるか」という本がありましたが。

自転車での行商から屋台へ、そして店舗を構えたのが昭和の初め頃だそう。それだけの歴史がお店を支えたのか、大林監督の映画などによる尾道ブームが支えたのか。もし、「からさわ」が尾道以外の土地で開業していたら今のようになっていたんでしょうかね。「尾道」がどれくらい商売に影響をするものなのか。

三原にも昔、有名なかき氷屋さんがありました。ご存知の方は、ソコソコ妙齢。そこのクリームぜんざいは結構評判でした。まあ、私たち高校生はもっぱら量の多いかき氷でしたが。懐具合に応じて宇治ミルクだったり宇治金時だったり。いちばん羽振りが良ければ、
「おばちゃん!宇治金ミルクね〜!」
友人一同、「おお〜金持ち〜」
みたいな感じでした。

季節限定で7月にならないとオープンしないのですが、日にちが決まっていません。その頃になるとそのお店方面に帰る学生が毎日偵察をするわけです。そして、毎朝、「まだ?」と聞くのです。
待ちかねたオープンはたいてい期末テストの最中ですので、テストが終わるまで辛抱します。かき氷を心の支えに頑張るのです。そして、晴れて試験の最終日、
「おばちゃん!宇治金ミルクね〜!」
と一年振りに叫ぶという次第。

この店も、尾道だったら今も残っていたのかしらね。

コムツカシイハナシ :: 09-03-19 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/52

Comment

ann

二階は明るくてお洒落になってるよね~ 

むかし…露地を見ながらパイプ椅子に座って食べてた
薄暗くひんやりした土間だったっけ?

そこそこ妙齢 (* ̄m ̄)プッ

09-03-20

すえもとふさこ

フードコートよりはいい感じよね〜
妙齢の妙は微妙の妙・・・ん? 女が少ない!

09-03-20