TeaTimeWeb

謎の三人組

20090130.jpg 年末というより12月はじめ頃の神戸中華街です。大阪での仕事の帰りに立ち寄りました。桃まんでも歩きながら食べたかったのですが、あいにく雨が降り始めたのでコーヒーだけ飲んで、あと一時間も待てばルミナリエが始まるというのに、とっとと帰ってしまいました。

私たちは花(?)の四十代の三人組。南京町の通りを歩いていましたら、店頭ではお姉ちゃんが中国語で声を張り上げて肉まんや桃まんを売っています。その時は、中国から日本に来て頑張っているんだね〜、なんで中国語なんだろうね〜、何言ってんだかわからんし〜、なんて思いながら歩いていたのですが。

どうも、我々3人は中国人だと思われていたらしい!少なくとも、日本人には見えなかったらしいのです。なぜなら、往路は中国語だった先ほどのお姉ちゃん、復路は日本語で声をかけていたそうです。

偶然じゃないの〜?と言うと、
「だって、そのお姉ちゃんと目が合うたんよ。間違いなく自分たち3人に声を掛けとったよ!それも、往復両方とも」
と、自信たっぷり。そこで胸を張るんじゃない。日本人に見られなかったことに自信を持ってどーする。

確かに妙な三人組ではありました。一人は、本人曰く「華僑のコートって言われる」ロングコートを着用。もう一人はダブルのスーツにうっすらとしたヒゲ。私は、モロにユニクラーなジャケットにスキニーという、他の二人とは釣り合いの取れないカジュアルさ。

はたして、我々はいったい何に見えたのでしょうか。
華僑コート氏が言うには、「日本で暮らす華僑二人が香港から来たお姉さんを案内しているところ」だそうですが、何故に香港?

ま、犬も歩けば棒に当たる。人も歩けば面白い事もたくさんあります。

そうそう、大阪へのお土産にネットに入ったみかんをロードサイドの店(地元民はわかるよね?)で買おうと、ダブルのスーツを着たおじさんがフーガという黒塗り3ナンバーの車から降りて行くと、安い方のみかんは売ってもらえませんでした。
「あんたぁ、あの車から降りて来て1000円のみかんはないじゃろう、1200円のにしんさい!」

教訓その1。「黒塗りは二割増し」

フツーライフ :: 09-01-30 :: すえもとふさこ

Trackback

このブログ記事へのトラックバックURL :: http://www.tt-w.net/mt/mt-tb.cgi/31

最近の「フツーライフ」

HOME